たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  あきる野市 あきる野市

私も体験!双極性障害の躁鬱混合状態

私は、双極性障害のⅡ型を持っており、この躁鬱混合状態で1か月、病院に入院したことがあります。
双極性障害の躁鬱混合状態は、一見は「ちょっとイライラしているの?」とか「さっきまで元気だったのに、なんか沈んでいる」という心配な声が挙げられますが、
実は、それは双極性障害がもともと持っている躁鬱混合状態から来ているものなのです。
ここでは、そんな私も体験した「躁鬱混合状態」についてまとめてみたいと思います。

1.きっかけは、些細な面接の一面から・・・。

私が躁鬱混合状態と医師から告げられたのは、今から7年前の事。
とある冬の日、私はとある介護施設へと面接に行った時でした。
面接担当の方が会議室にやってきて、面接を始めた途端に私は「豹変」しました。面接担当の方に向かって思い切り怒っていたんです。
何を根拠に怒ったのかは、未だに理由はわからず、ただ、帰宅したとたん、「なんであんなに怒ってた?」と反省の念が出てきたのです。
主治医に電話し、事が起きたことを説明すると、「あ!躁鬱混合状態がひどいね」と言われました。
いろいろ話をし、結局、私は「任意入院」という選択をし、その月の終わりごろから1か月間入院したのでした。

2.そもそも躁鬱混合状態とは?

双極性障害が持つ「躁鬱混合状態」とは、「躁状態とうつ状態が交互に現れる」という症状で、定期的に(時期によって)現れる人と毎日のように現れる人といます。
そのタイミングが「時間単位」で起きるのか、「適応障害」に代表されるような「環境整備」の状態で「精神状態」に応じて、躁鬱混合状態が現れる人と個人差があります。

実例を挙げますと、「さっきまで楽しく話をしていたのに、話が振られなくなった途端、うつ状態になる」という状態。
これは私自身でも体験したことですが、「さっきまで楽しく笑ったりしながら話をしていたのに、あれ?なんか急に沈んでません??」という状態。

これは双極性障害の方で自覚されていない人には理解しにくいものなのですが、だんだん「自分の思考パターン」が見えてくると、自分でも「あ!混合状態だ!」とわかるようになるのです。

この「思考パターン」を見つけるには、「自分はこういう性格でこういうことができて、こういうことができない」という自覚が必要ってこと。
例えば、「お金があるときは、気持ちに余裕があるので、なんか買いたくなりますが、買って途端にお金が無くなったことで気分が落ちてくる」という基本的な双極性障害の症状なのですが、
躁鬱混合状態のときは、「同じ基本的な症状」でも、その症状が短い時間で「躁状態」になったり、「うつ状態」になったりと精神状態が落ち着かなくなってしまう状態が「躁鬱混合状態」なのです。

3.躁鬱混合状態が起きてしまったら?(本人の場合)

なんか躁と鬱がぐちゃぐちゃになっていると気づいたら、次の診察に限らず、まずは主治医に連絡をし、必ず受診して対処法を一緒に考えてもらいましょう。
ほとんどの精神科医が「休養すること」とお話しされることが多いですが、仕事や子育てでそういうわけにはいかないという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、この躁鬱混合状態は、ある程度の「休養」を取ろうとする勇気がないと、元の落ち着いた状態に戻ることができず、かえって症状が悪化するか、
躁鬱混合状態を長引かせてしまう原因にもなりかねないのです。長引かせてしまうことで、自殺行為や大量服薬による自殺未遂などにつながってしまうことが多いため、
注意が必要なのです。思い切ってここでは休養し、躁鬱混合状態を落ち着かせることも必要です。

4.躁鬱混合状態が起きてしまったら?(家族の場合)

家族が躁鬱混合状態になってしまった場合、家族はどのように対応したらいいのでしょうか?
まずは、うつ状態で発生しやすい自殺未遂や自殺行為を抑えることを先に考え、自殺企図を考えていても未遂でも起こさないように、
洗剤類や薬品など「自殺行為」に使われそうなものは、すべて片付けてしまいましょう。
躁状態であるときは、「何でもできるさ」と思っている状態でもあるので、大丈夫だろうと安心せずに「今は調子が悪いようだから、ゆっくり過ごそう」と声掛けをしてあげるといいでしょう。
本人は納得しないかもしれませんが、そこは無理をせず、「ゆっくりでいいんだよ」という言葉を投げかけてあげてください。
そんな声掛けと主治医からの本人へのメッセージで、自分で自分の心の中について本人が知ることで、躁鬱混合状態から脱出することもできるのです。

5.まとめ

私の場合、秋から冬にかけて「躁鬱混合状態」になるときがあるので、時々「ただいま、冬眠中」と話すことが多いのですが、
この記事を読まれたご本人やご家族は、どのように感じたでしょうか?
双極性障害の躁鬱混合状態は、Ⅰ型、Ⅱ型に関係なく、誰にでも起きる症状なのです。
よく主治医と相談し、内服薬を修正したりして、少しでも躁鬱混合状態が楽な感じで、楽に状態が安定するといいですね。




  • 同じカテゴリー(これはテスト記事です。)の記事
     簡単にできる臥床されている方の洗髪介助 (2017-03-21 21:06)
     果物アレルギーってなに?? (2017-03-21 21:03)
     痩せる運動 (2010-11-22 18:24)

    2017年04月07日 Posted bynyatarodreamsmallworks at 11:46 │Comments(0)これはテスト記事です。

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    私も体験!双極性障害の躁鬱混合状態
      コメント(0)